仮想通貨投資入門

仮想通貨投資は今もっとも熱いといわれている新しい投資手法です。本サイトでは、仮想通貨の仕組み、用語などを解説するとともに、仮想通貨投資のメリット、デメリット、投資する仮想通貨の選び方などを紹介する仮想通貨投資の入門サイトです。

*

NEM(XEM)はどんな仮想通貨? 購入方法・チャート相場・今後について

      2017/04/19

「NEM(XEM)はどんな仮想通貨? 購入方法・チャート相場・今後」についての記事です。

 

今後の金融業界の変革につながるかもしれないと話題の

仮想通貨

 

現在では色々な仮想通貨が取り上げられていますが、日本でわりと知名度がよいのが

NEM(ネム) 

という仮想通貨です。

(実際の通貨名はXEM(ゼム))

 

 

今回は、NEMとは何かということと、NEMを購入できる取引所やチャートの相場、今後の将来性についての個人的見解を書いていきます。

 


スポンサーリンク



NEM(XEM)とはどんな仮想通貨?わかりやすくいうと

NEMとは?わかりやすくいうと

NEM(New Economy Movement)は簡潔にわかりやすくいうと

ビットコインのブロックチェーン技術をよりよく改良したブロックチェーンプラットフォーム

です。

 

仮想通貨の元祖であるビットコインの中で素晴らしいといわれているのが台帳管理技術であるブロックチェーンというテクノロジーです。

 

ブロックチェーンという台帳技術は、通貨機能だけでなく、他の様々な分野で応用できる画期的な技術だと言われています。

 

ただ、ビットコインのブロックチェーン技術にはまだ欠点があり、改良の余地がありました。

 

そこで、より効率的で単純かつ拡張がしやすい新しいブロックチェーン技術として誕生したのがNEMです。

 

NEMのプラットフォームの中で使用されるトークンがXEMという仮想通貨になります。

 

NEMのブロックチェーンプラットフォームがどんなことに使用される可能性があるのかは以下の動画で説明されています。(英語ですが字幕表示することが可能です)

 

 

以下、NEMの特徴についてもう少し説明します。

 

(基本となるのはビットコインのブロックチェーン技術なので、「ブロックチェーンってなに?」という方はビットコインの解説記事を参照ください。)

⇒ビットコイン投資完全解説記事

 

NEMはビットコインのブロックチェーン技術と比較して、以下のようなよりよい特徴を持っています。

  • POI(proof of Importance)によるハーベスティング
  • ウェブベースのアーキテクチャ
  • 短いブロック生成
  • 簡易なトランザクション管理
  • ノードの自動検証

上記の他にも、開発が進むにつれて、「P2P時刻同期機構」「トークン資産管理機構」「オンチェーンマルチシグ機構」などの様々な機能が導入されて、NEMはより洗練されたブロックチェーンプラットフォームとなっています。

 

NEMで使われている様々な機能の解説に関してはNEMの公式サイトにも色々書かれています。

⇒NEMの公式サイトへ

 

以下では、NEMで実装されている技術の中で特に特徴がわかりやすい「POIによるハーベスティング」に関して説明しています。

 

POIによるハーベスティング

ハーベスティング

NEMの一番の特徴として挙げられるのが

報酬発生(通貨発行)の仕組み

です。

 

NEMではPOI(proof of Importance)という仕組みが採用されています。

 

POIは簡単にいうと

通貨の保有量と取引量に応じて報酬(通貨発行)が発生する

という仕組みです。

 

POIの良さを説明するために、ちょっと今までの仮想通貨の報酬発生(通貨発行)の仕組みの遍歴を紹介します。

 

まずビットコインのブロックチェーンで採用されていたのはPOW(proof of work)という仕組みでした。

 

このPOWはシステムが膨大な処理を行い、その報酬として通貨が発行されるというもので、画期的な技術ではあるのですが、「膨大な処理をするのでシステム・電力などのコストが高い」などの欠点がありました。

 

この欠点を改善するために次に登場した仕組みがPOS(proof of stake)という仕組みです。

 

このPOSは通貨の保有量に応じて、報酬が発生(通貨が発行)するというものです。

 

POSであればPOWと比較してコストがかからないですし、POWにおける欠点を改善できる技術として注目されました。

 

ただ、POSに関しても若干疑問視する声があります。

 

というのも、POSの仕組みだと、「大量に持っているだけで報酬が発生する」ということになるので、「保有だけして使用しない」という人が現れて、通貨の流通や普及が進まないのではという不安があるからです。

 

そこで、さらに新しい仕組みとして登場したのがNEMで採用されているPOIです。

 

POIは保有量に加えて、取引を行っている必要があるので、流通や普及にも貢献する必要がでできます。

 

このPOIという仕組みは現状のブロックチェーン技術の中ではかなり優れた技術として注目を集めています。

 

上記の報酬発生(通貨発行)の仕組みは、ビットコインなどでは「マイニング(採掘)」と呼ばれていますが、NEMでは

ハーベスティング(収穫)

と呼ばれています。

 

▲目次に戻る

NEM(XEM)の購入方法(扱っている取引所)

NEM購入出来る取引所

NEM(XEM)を購入する方法としては、NEMを扱っている取引所にて購入するのが一般的です。

 

扱っている取引所としては、日本では

ZAIF

が一番有名です。

 

zaif

⇒ZAIFのサイトへ

 

ZAIFを運営しているテックビューロはNEMを使ったプライベートチェーン「mijin」などのプロジェクトを行っているので、

日本で一番NEMに力を入れている会社

なのではないでしょうか。

 

XEM/JPYなどの為替取引も可能で、日本円で一番簡単にNEMが購入できる取引所なので、NEMを購入したい場合はZAIFで買うのが一番です。

 

ZAIFのサイトにログインし、「取引所はコチラ」のボタンをクリックしたあと、取引したい通貨としてXEMを選べば購入することが可能です。(先にZAIF取引所への入金が必要ですが)

 

zaif取引所

zaifでのNEM購入

 

(追記)

2017年4月には、コインチェックにて、NEM(XEM)の取引を開始しました。

 

coincheck

⇒CoinCheckのサイトへ

 

コインチェックはビットコインを一番簡単に購入できると評判ですし、ビットコイン以外の有名な仮想通貨を多数取り揃えています。

 

コインチェック取扱い仮想通貨一覧

 

NEM以外にも色々な仮想通貨を購入してみたいという人にはオススメの取引所です。

 

▲目次に戻る

NEMの今までのチャート相場推移

NEMチャート

NEM/日本円(NEM/JPY)チャートはcoingeckoのサイトで見ることが可能です。

 

coingecko

⇒coingeckoのNEM/JPYのチャート

 

NEMのチャート相場

 

NEMは開始当初はそこまで注目されずにくすぶっていましたが、様々な機能が導入され、成熟していくとともに、徐々に注目が集まるようになっていきました。

 

2016年にはNEMを使ったプライベートチェーン「mijin」プロジェクトを野村総研などが検証を進めているなどのニュースがでて高騰、2017年もどんどん高騰しており、注目の仮想通貨になっています。

 

NEMの今後の将来性

NEMの今後の将来性

 

ブロックチェーン技術というのは、今後もますます世界で広がっていく技術だと思いますし、その中でも優れたテクノロジーを採用しているNEMに関しては「今後も普及が期待されるのでは」と個人的に感じています。

 

ブロックチェーンという技術は、はじめは通貨関連の技術として注目が集まりましたが、もっと様々な分野で応用が可能な技術です。

 

特に、ビットコインのような管理者不在の「パブリックブロックチェーン」という使い方ではなく、社内や限られたネットワーク内で誰かの管理下で使われる「プライベートブロックチェーン」というのは、今後様々な企業や組織が採用を検討する可能性を秘めていて、その分野で技術力に定評があるNEMを採用するというケースは今後もあるだろうなと思います。

 

▲目次に戻る


スポンサーリンク



まとめ

NEMに関しては日本のテックビューロが関わっているということで、日本ではよく話題に上がる仮想通貨です。

 

そのため、若干ひいき目が入っているかもしれませんが、個人的には応援したい仮想通貨の一つとなっています。

 

以上、「NEM(XEM)はどんな仮想通貨? 購入方法・チャート相場・今後」に関しての記事でした。

 

仮想通貨投資の基礎を学ぶには、仮想通貨の元祖であるビットコインを正確に理解することが大事ですね。

 

ビットコイン投資に関して知っておくべき情報をまとめましたので、仮想通貨投資の基礎を身につけたい人は御覧ください。
⇒ビットコイン投資をする上で必須の情報まとめ



参考になった!という記事があればシェアいただけると嬉しいです!(更新の励みになります)

 

【関連記事】

仮想通貨ランキング最新情報

仮想通貨の種類一覧

仮想通貨と暗号通貨の違いは?

仮想通貨と電子マネーの違いは?

 


スポンサーリンク




【仮想通貨投資のために読むべき記事一覧】

仮想通貨投資入門初心者ページリンク 仮想通貨最新ランキングページリンク ビットコイン投資完全解説ページリンクイーサリアムの購入方法や将来性ページリンク リップルコインの購入方法や将来性紹介リンクNEM(ネム)XEMの購入方法と将来性紹介リンク




Facebookでは仮想通貨だけでなくフィンテック(金融テクノロジー)の最新ニュースをお届けしていますのでフォローいただけると幸いです



 - NEM