仮想通貨投資入門

仮想通貨投資は今もっとも熱いといわれている新しい投資手法です。本サイトでは、仮想通貨の仕組み、用語などを解説するとともに、仮想通貨投資のメリット、デメリット、投資する仮想通貨の選び方などを紹介する仮想通貨投資の入門サイトです。

*

仮想通貨と電子マネーの違いとは?

      2016/09/17

仮想通貨と電子マネーの違いとは?に関する記事です。

 

新しい通貨の概念として徐々に広がってきている
仮想通貨

 

仮想通貨

 

新技術ゆえに、意味や違いがわからない用語が出てくることがあります。

 

今回は仮想通貨の話でよく混同されてしまう
仮想通貨と電子マネーの違い
に関して解説しています。

 


スポンサーリンク



仮想通貨と電子マネーの違い

仮想通貨と電子マネー

仮想通貨とは、実際の紙幣や貨幣が存在しない仮想の通貨のことです。

 

ビットコインのように、実体は持たないけれども、円やドルなどの通貨と同じように世界中で交換価値ができているものもあれば、オンラインゲーム内で使う通貨や、Webサイト内のみで使えるポイントのようなものも仮想通貨と呼ばれます。

 

投資に使われる仮想通貨としては、実際の国際通貨と同様に取引所で取引され、通貨の送金や、通貨の交換などができ、為替取引が可能なものとなっています。

 

※本記事で違いを述べる際に用いる仮想通貨は、「投資に使われる仮想通貨(ビットコインなど)」について話をしていきます。(ゲーム内のみで使われる通貨などは性質が違うものもあるので)

 

一方の電子マネーとは一般的にクレジット決済やデビットカード、suica、Edy、nanako、WAONなどのオンライン決済等に用いられる電子的なお金を指します。

 

仮想通貨と電子マネーの違いは実際には多々あるのですが、大きな違いとして覚えておくべきこととしては以下2点があります。

  1. 発行元の有無
  2. 譲渡、払い戻しなどの交換性(換金性)の可否

 

発行元の有無について

電子マネーの場合、その電子マネーの発行元が明確に存在しています。

 

例えばEdyの電子マネーをチャージ(購入)した場合は、その電子マネーは楽天が発行元ですし、suicaに電子マネーをチャージした場合はJRが発行元です。

 

発行元が存在することで、発行元の企業が電子マネーを使用できることを保証することで成り立っています。

 

逆に言うと、電子マネーの価値は発行元の企業の信用力に依存するので、発行元が破綻などをすると価値がなくなってしまうという信用リスクが存在します。

 

一方、仮想通貨の場合は発行元、運営者という概念がありません。

 

発行元、運営者がいないとなると、誰がその仮想通貨が使用可能であるのか保証してくれるの?となりますが、仮想通貨の場合はシステムによる暗号化技術により、セキュリティの確保や取引履歴(台帳)の管理が徹底されているという信用によって、使用可能であることが保証されています。

 

ですので、ハッキングなどで残高などが大規模に改変されるなど、仮想通貨の暗号化システムに不備があった場合は通貨としての信用が失われる可能性があります。

 

仮想通貨の代表格であるビットコインでは、P2Pという分散システムや、ブロックチェーンと呼ばれる取引履歴の記録の仕組みが長年の運用によって堅牢で信頼のおけるシステムであると認知されてきており、信用力が高まってきています。

 

譲渡、払い戻しなどの交換性(換金性)の可否について

電子マネーに関しては、原則、他者への譲渡や払い戻しはできず、お金としての交換価値(換金性)はありません。

 

電子マネーは「使用者が発行企業に前払いでお金を払っている」という位置付けであり、発行を受けた人だけが使用でき、使用すると発行された残高が消える(前受金と負債の消去、売上の計上)ことになっています。

 

電子マネーは払い戻しを認めてしまうと、前払い金ではなく預り金となり、出資法の預り金規制を受ける可能性があるため、原則払い戻しは認めていません。

 

一度、通常のお金から電子マネーに変えてしまうと、原則、何か物やサービスを購入するという形でしか使用用途がないということになっています。

 

一方の仮想通貨は、他者への譲渡が可能です。

 

払い戻しという考え方は発行元がいないので当てはまりませんが、他者への売却によって、元のお金に戻すこと(換金)が可能です。

 


スポンサーリンク



まとめ

電子マネーの場合は換金性がないので、使用できる用途に制限があり、従来のショッピングなどで使用しているポイント制に近い性質です。仮想通貨の場合は、換金可能で流通性があるという部分は実際の貨幣に近い性質があります。

 

ただ、仮想通貨は、発行元がいなくて、システムによって通貨としての信用力が成り立っているというのが、従来の通貨の概念として存在しないので、理解し難く不安に思う点なのではないでしょうか。

 

仮想通貨の暗号化システムに関してはすべてを完璧に理解することはできないかもしれませんが、投資として仮想通貨を保有する場合、その仮想通貨の信用の源となるものですので、ある程度知識として知っておいたほうが良いかと思います。(本サイトでも仮想通貨の暗号化システムを別記事で簡易的に説明していこうと考えております)

 

以上、仮想通貨と電子マネーの違いとは?に関しての記事でした。

 

仮想通貨投資の基礎を学ぶには、仮想通貨の元祖であるビットコインを正確に理解することが大事ですね。

 

ビットコイン投資に関して知っておくべき情報をまとめましたので、仮想通貨投資の基礎を身につけたい人は御覧ください。
⇒ビットコイン投資をする上で必須の情報まとめ



参考になった!という記事があればシェアいただけると嬉しいです!(更新の励みになります)

 


スポンサーリンク




【仮想通貨投資のために読むべき記事一覧】

仮想通貨投資入門初心者ページリンク 仮想通貨最新ランキングページリンク ビットコイン投資完全解説ページリンクイーサリアムの購入方法や将来性ページリンク リップルコインの購入方法や将来性紹介リンクNEM(ネム)XEMの購入方法と将来性紹介リンク




Facebookでは仮想通貨だけでなくフィンテック(金融テクノロジー)の最新ニュースをお届けしていますのでフォローいただけると幸いです



 - 用語