仮想通貨投資入門

仮想通貨投資は今もっとも熱いといわれている新しい投資手法です。本サイトでは、仮想通貨の仕組み、用語などを解説するとともに、仮想通貨投資のメリット、デメリット、投資する仮想通貨の選び方などを紹介する仮想通貨投資の入門サイトです。

*

リップルコイン ウォレットの作成方法

      2016/09/27

リップルコイン ウォレットの作成方法についての記事です。

 

新時代の概念として注目されている
仮想通貨

 

仮想通貨の中で、1,2を争う知名度の高さを誇っているのが

リップル

です。
(1位はビットコインですが)

リップル

 

本サイトでは、仮想通貨リップルに関しての記事をいくつか書いています。

⇒ビットコインとリップルの違いは?

⇒リップル円(XRP/JPY)を見るためのおすすめのサイトは?

⇒リップルの価格推移と今後の将来性は?

⇒リップルの取引所 日本円で購入できるところは?

⇒リップルの最新情報を知る方法

 

今回は、リップルコインを保有する上で重要になる

ウォレットの作成方法

について書いています。

 

2016年3月に、公式のリップル社が提供していたリップルウォレット(ripple trade)の提供が廃止されたので、それ以外のリップルウォレットの開設方法を案内しています。

 


スポンサーリンク



リップルコインウォレットとは?

リップルウォレット

 

ウォレットとは、日本語で「財布」という意味で、仮想通貨であるリップルを保有するための場所です。

 

仮想通貨は実体がない通貨なので、保有方法としては、インターネット上に自分の口座を開設して、そこに入金することで保有することができます。(口座=ウォレットのようなイメージです)

 

リップルコインウォレットの作成場所

現在リップルコインのウォレットを作成できる場所として、大きく2種類のタイプがあります。

 

①リップルコインのウォレットのみを提供するタイプ

②リップルコインの取引所がウォレットを提供するタイプ

 

リップルコインなどの仮想通貨は、通常、取引所を経由して、取引相手を見つけて売買が行われるので、リップルの売買、トレードをする際には取引所は必須になります。

 

なので、②の「取引所がウォレットを提供するタイプ」だと、取引所の口座開設を行うことで、ウォレットも作成できるので、簡単にウォレットの作成と売買ができます。

 

しかし、取引所が提供するタイプはすこしリスクがあります。

 

取引所が破産したり、ハッキングにあってリップルが抜き取られた場合には保有していたリップルが手元に残らない可能性があります。

 

もちろん、ウォレットのみ提供するタイプでも同じようなリスクがありますが、取引所を運営しているタイプよりも、破産やハッキングのリスクは低いです。(取引所が狙われるケースのほうが多いため)

 

ただ、①のウォレットのみ提供するタイプは、リップルをトレードする際には、別途取引所の会員登録に加えて、取引所とウォレットの紐付けを行う必要があります。

 

なので、ウォレットのみ提供するタイプは少し手間がかかります。

 

さくっとウォレットを開設して、売買をしたい場合は②を、少しでもリスクを軽減したい場合は①のタイプを選ぶとよいかと思います。

 

リップルウォレットの作成方法 ウォレットのみの場合

リップルコインのウォレットのみ作成するタイプに関しては

gate hub

にて作成することができます。

 

2016年3月、公式のリップルラボ社が提供していたリップルウォレット(ripple trade)の提供が廃止され、以降先としてgate hubが紹介されたので、現状一番信用のおけるリップルコインウォレットです。

 

以下、gate hubでのウォレットの作成方法です。

 

①GateHubの新規アカウントを作成のページにアクセスし、メールアドレス、パスワードを入力し「SIGN UP」ボタンを押す。

⇒gate hubアカウント作成ページへ

 

000245

 

②リカバリーキーが表示されるので保存する。

 

リップルコインウォレット開設2

③ 登録したメールアドレスにアクティベート用のメールが届くので、、「Activate account」ボタンをクリック。

リップルコインウォレット開設3

 

 

リップルウォレットの作成方法 取引所が提供するタイプの場合

リップルコインを売買できる取引所に関しては別記事にて紹介しています。

⇒リップルの取引所 日本円で購入できるところは?

 

上記で紹介した取引所の中で、取引所の会員登録によって、ウォレットが提供されるタイプの取引所は

mr.ripple

です。

mr.ripple

⇒mr.rippleのサイトへ

 

また、現在期間限定で、リップルを777XRPも無料でもらえるキャンペーンをしているので、リップルの投資に興味がある人は今のうちに登録だけでもしておくことをおすすめします。

 

以上、リップルコイン ウォレットの作成方法についての記事でした。

 

仮想通貨投資の基礎を学ぶには、仮想通貨の元祖であるビットコインを正確に理解することが大事ですね。

 

ビットコイン投資に関して知っておくべき情報をまとめましたので、仮想通貨投資の基礎を身につけたい人は御覧ください。
⇒ビットコイン投資をする上で必須の情報まとめ



参考になった!という記事があればシェアいただけると嬉しいです!(更新の励みになります)

 

【関連記事】

ビットコインとリップルの違いは?

リップル円(XRP/JPY)を見るためのおすすめのサイトは?

リップルの価格推移と今後の将来性は?

リップルの取引所 日本円で購入できるところは?

リップルの最新情報を知る方法

 


スポンサーリンク




【仮想通貨投資のために読むべき記事一覧】

仮想通貨投資入門初心者ページリンク 仮想通貨最新ランキングページリンク ビットコイン投資完全解説ページリンクイーサリアムの購入方法や将来性ページリンク リップルコインの購入方法や将来性紹介リンクNEM(ネム)XEMの購入方法と将来性紹介リンク




Facebookでは仮想通貨だけでなくフィンテック(金融テクノロジー)の最新ニュースをお届けしていますのでフォローいただけると幸いです



 - リップル