仮想通貨投資入門

仮想通貨投資は今もっとも熱いといわれている新しい投資手法です。本サイトでは、仮想通貨の仕組み、用語などを解説するとともに、仮想通貨投資のメリット、デメリット、投資する仮想通貨の選び方などを紹介する仮想通貨投資の入門サイトです。

*

ライトライズ 破綻 危険! 複利運用投資がヤバイ!?

      2017/08/10

☆★仮想通貨初心者の方へ★☆

以下ページにて仮想通貨とは何か?という説明と仮想通貨の買い方の手順をのせておりますのでご参照ください。


ライトライズ 破綻 危険! 複利運用投資がヤバイ!?に関する記事です。

 

様々な新しい案件が登場している

仮想通貨

 

仮想通貨

 

今、ビットコイン関連の話で注目が集まっているのが

ライトライズ(rightrise)

と呼ばれる会社です。

 

多くの方から

ライトライズって危険ですか?大丈夫なの?

なんて質問を頂いたので、今回はライトライズについて書いています。

 

 


スポンサーリンク



ライトライズとは?なぜ注目されているのか

ライトライズというのは

イギリスの道路交通違反を監視し、違反者から徴収できる罰金をビジネスモデルにしている会社

です。

 

ライトライズ

⇒ライトライズのサイトへ

 

会社の詳しい説明に関しては公式サイトに書いています。(以下抜粋)

 

 

Right Rise LTDは英国にはプライベート資金と現在的なテクノロジーで道路の速度をコントロールできます。英国で高い罰金が謳う事にも関わらず、速度測定の違反の数は増えてくることと自動車の数が増えてくることには関係であります。我が社では、高度なレーダーを使用し、道路交通の速度違反を監視します。契約を交わしましたので、集めていた罰金の40%を賠償で国から受けてもらっています。
英国は世界で経済発展は速いのです。この国では、存在している道路はいつも再建中です。その上、毎年物流と経済利益を進歩のために、新しい高速道路が敷設します。

引用:https://rightrise.com/index.php?a=about

 

公式サイトから読み取れることとしては、

現在、この罰金システムでの報酬は飛躍的に伸びている。速度を計測するレーダーを増やせばさらに報酬は増えていく。なので、レーダーを増やすために、このビジネスへの投資を募っている

とのこと。

 

で、このライトライズへの投資というのが今注目されているのですが、その理由としては以下のようなことが挙げられます。

 

・平均の利回りが1日1%~3%

・最低30ドル(約3500円)から始められる

・簡単に複利運用ができる(再投資が簡単)

 

この異常な利回りと最低価格が安いということで、多くの人が参入している模様です。

 

ライトライズとビットコイン(仮想通貨)との関係性について

よく多くの方がこのライトライズというのがビットコイン関連の事業をしているみたいなことを言う人がいますが、実際には違います。

 

ただ単にこのライトライズでの投資が

ビットコインでの支払い、ビットコインでの配当引き出しに対応している

というだけです。

 

他にもドルやユーロにも対応していますが、円には対応していないので、日本から投資を行う場合はビットコイン払いがもっとも簡単というだけです。

 

また、以前このライトライズが芸人ロンドンブーツの「田村淳さん」を勝手に広告に利用したということで注目を集めました。

⇒ロンブー 田村淳をビットコインに勝手に利用?ライトライズ投資とは

 

この時の田村淳さんの写真が「ビットコインを購入した時の写真」ということで、ビットコインとの関連性が注目を集めています。

 

ライトライズ 怪しい 危険 いつ破綻するのか

ネット上の噂の多くが

ライトライズは怪しい

とか、

ライトライズはいつ破綻するのか?

という話でもちきりです。

 

実際にライトライズに投資した友人からの意見では、

毎日利息も1%以上ついているし、引き出しも簡単にできる

とのこと。

 

また、このライトライズを紹介することで得られる紹介料もかなり高いので、先行者はすでに元手を取り返しているという人も多いそうです。

 

ただ、私の個人的な考えとしては、日利1%というようなビジネスが成り立つわけがなく、いつか潰れること前提の、先行者だけ得するタイプのビジネスだと思いますのでライトライズへの投資はしておりません。

⇒ビットコイン 日利息1%の案件がヤバイ!?

 

(この会社自体が詐欺だとかそういうのはわかりませんが、私には信じられません)

 

たとえば、100万円を運用資金にして、利息1日1%(年利365%)で複利運用した場合、

3年で約140億円

4年で約3400億円

5年で約8兆円

になります。

 

(以下、複利計算サイトにて、資金100万、年利365%、年数5年で計算した結果です)

⇒複利計算サイト

 

5年と1ヶ月たてば、約10兆円になり、アメリカの大富豪であるビル・ゲイツ氏の資産を超えます。

⇒ビル・ゲイツ氏の資産がついに9兆円に到達

 

さすがにこの利率ではビジネスは成り立たないというのが概ねの意見です。

 

ネット上の多くの人も、長期運用を目的にしているのではなく、

会社が潰れるのが先か、元手分を引き出せるのが先かというチキンレースを楽しむ

という目的で投資をしている人が多いです。

 

そういう面で言うと、このライトライズが発足したのが

2016年の10月

くらいなので、

いまならまだ破綻する前に元手取り返せる!

と考えて投資する人もいます。

 

基本的にこの手のものは、新たに出資された投資資金を配当に回して自転車操業することが可能なので、人気なものほど長続きします。

 

そういう面ではライトライズはかなり注目されているので、破綻時期がいつかまでは予想できませんが、ある程度長続きするとは思います。(ビットコイン系の日利1%のやつも1年くらい持つパターンが多いので)

(また情報分かれば追記していきます)

 

(2017年4月追記)

現状、やはりライトライズは破綻して、サイト事態が消えてしまった模様です。

 


スポンサーリンク



まとめ

私としては本件は仮想通貨の案件ではないですし、日利1%は個人的にどうしても信用できないので特に投資もおこなっておりません。

 

投資を行うのは個人の自由なので、イケると思うなら投資してもいいとは思いますが、リスクは十分に考慮して余裕資金で行うようにしましょう。

 

以上、ライトライズ 破綻 危険! 複利運用投資がヤバイ!?に関しての記事でした。

 

仮想通貨投資の基礎を学ぶには、仮想通貨の元祖であるビットコインを正確に理解することが大事ですね。

 

ビットコイン投資に関して知っておくべき情報をまとめましたので、仮想通貨投資の基礎を身につけたい人は御覧ください。
⇒ビットコイン投資をする上で必須の情報まとめ



参考になった!という記事があればシェアいただけると嬉しいです!(更新の励みになります)

 

【関連記事】

仮想通貨ランキング最新情報

仮想通貨と暗号通貨の違いは?

仮想通貨と電子マネーの違いは?

 


スポンサーリンク




【仮想通貨投資のために読むべき記事一覧】

仮想通貨投資入門初心者ページリンク 仮想通貨最新ランキングページリンク ビットコイン投資完全解説ページリンクイーサリアムの購入方法や将来性ページリンク リップルコインの購入方法や将来性紹介リンクNEM(ネム)XEMの購入方法と将来性紹介リンク




Facebookでは仮想通貨だけでなくフィンテック(金融テクノロジー)の最新ニュースをお届けしていますのでフォローいただけると幸いです



 - ライトライズ