仮想通貨投資入門

仮想通貨投資は今もっとも熱いといわれている新しい投資手法です。本サイトでは、仮想通貨の仕組み、用語などを解説するとともに、仮想通貨投資のメリット、デメリット、投資する仮想通貨の選び方などを紹介する仮想通貨投資の入門サイトです。

*

ビットコイン ライトコイン 違いは?

      2016/12/31

ビットコイン ライトコイン 違いは?に関する記事です。

 

新時代の概念として注目されている
仮想通貨

 

現在でもっとも有名な仮想通貨として存在しているビットコイン。

 

ビットコイン

 

ただ、第2のビットコインとして登場した仮想通貨に

ライトコイン

があります。

 

ライトコイン

 

ビットコイン以外の仮想通貨に関しては、ビットコインとの違いを説明することが一番簡単にその仮想通貨を理解できる方法になります。

 

ですので、今回は

ビットコインとライトコインの違い

について書いています。

 


スポンサーリンク



ビットコイン ライトコイン違いは?

kasousamune08

 

まず、ライトコインに関しては、ビットコインと違い、明確な開発者がいます。

 

ライトコインの開発者はチャーリー・リーと呼ばれる方で、チャーリー・リー氏は

ビットコインを金とするなら、ライトコインは銀を目指す

という目的でライトコインを開発しました。

 

基本的な通貨の仕組みはほとんど同じなのですが、「ビットコインを金とするなら」という名目なので、ライトコインはビットコインよりも、より流通量(埋蔵量)が多く、採掘や取引も労力がかからないような形にして、希少性はビットコインよりも低いけれど、流通や取引に利用しやすいようにと考えられています。

 

以下、ライトコインに関して説明している動画です。

 

 

ビットコインとライトコインで大きく違う点を挙げるとするならば、

  • 埋蔵量の違い
  • 発掘難易度の違い
  • 決済スピードの違い

が挙げられます。

 

埋蔵量の違いに関しては、ビットコインが2100万枚であるのに対し、ライトコインはその4倍の8400万枚です。

 

採掘に関しては、ライトコインは比較的労力がかからず、一般的なCPUで行える採掘難易度にしています。(今からマイニングで儲けるというのはおそらく難しいでしょうが)

 

そして、ビットコインの問題の一つと言われる決済スピード。ビットコインは平均的な決済スピードは10分程度かかるといわれていますが、ライトコインはその5分の一の2分程度で可能だと言われています。

 


スポンサーリンク



まとめ

ライトコインはビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)の中でもあまり特殊な特徴を持ちあわせていない通貨です。

 

一応ビットコインの欠点と言われるべきところを改善を試みている通貨ではありますが、何か新しい社会や価値を生み出したいという目的があるわけではなく、あくまでビットコインの代替通貨として存在していくのかと思います。

 

ライトコイン自体も、ある程度の認知がされ、徐々に価値を高めてきているので、ビットコインが金であるならばライトコインを銀にするという開発者の思惑は今のところその目的を達成できているのではないでしょうか。

 

以上、ビットコイン ライトコイン 違いは?に関しての記事でした。

 

仮想通貨投資の基礎を学ぶには、仮想通貨の元祖であるビットコインを正確に理解することが大事ですね。

 

ビットコイン投資に関して知っておくべき情報をまとめましたので、仮想通貨投資の基礎を身につけたい人は御覧ください。
⇒ビットコイン投資をする上で必須の情報まとめ



参考になった!という記事があればシェアいただけると嬉しいです!(更新の励みになります)

 


スポンサーリンク




【仮想通貨投資のために読むべき記事一覧】

仮想通貨投資入門初心者ページリンク 仮想通貨最新ランキングページリンク ビットコイン投資完全解説ページリンクイーサリアムの購入方法や将来性ページリンク リップルコインの購入方法や将来性紹介リンク




Facebookでは仮想通貨だけでなくフィンテック(金融テクノロジー)の最新ニュースをお届けしていますのでフォローいただけると幸いです



 - ビットコイン