仮想通貨投資入門

仮想通貨投資は今もっとも熱いといわれている新しい投資手法です。本サイトでは、仮想通貨の仕組み、用語などを解説するとともに、仮想通貨投資のメリット、デメリット、投資する仮想通貨の選び方などを紹介する仮想通貨投資の入門サイトです。

*

ビットコイン ビットキャッシュ 違いは?風評被害が多発?

      2016/09/17

☆★仮想通貨初心者の方へ★☆

以下ページにて仮想通貨とは何か?という説明と仮想通貨の買い方の手順をのせておりますのでご参照ください。


ビットコイン ビットキャッシュ 違いは?風評被害が多発?に関する記事です。

 

新時代の概念として注目されている
仮想通貨

 

まだ日本では、ビットコインというものに馴染みがないことが多いため、混同してしまっているひとが多いのが

「ビットコイン」と「ビットキャッシュ」

です。

 ビットコインとビットキャッシュ  

 

日本では原状ビットキャッシュのほうが良く見かける名前かもしれませんが、ビットコインとはまったくの別物です。

 

以下、ビットコインとビットキャッシュの違いについて書いています。

 


スポンサーリンク



ビットコインとビットキャッシュの違い

ビットキャッシュ

簡潔に述べてしまうと、ビットキャッシュは分類として、 「電子マネー」 の位置づけになります。

 

ビットキャッシュはとくにネットゲームの課金などによく使われています。

 

詳しくは「仮想通貨と電子マネーの違い」についての記事でも書いたのですが、電子マネーは他の通貨との換金性などはなく、何かのサービスに使われることが前提で購入されます。

 

先払いでお金を払って、後で払ったお金分の支払いが可能な「プリペイドカード」として機能しています。

 

ビットコイン

 

対するビットコインもネット上で使われる実体をもたない電子的な通貨です。

 

ただビットコインは、ビットコイン⇒現金に換金できたりと、より実際の通貨に似た性質を持っています。

 

分類としては「仮想通貨(暗号通貨)」という扱いになります。

 

以下はビットコインの説明の動画です。(英語が流れますが字幕がついています)

 

ビットコインも海外でのネットゲーム、オンラインカジノでの支払いなど使われたりするので、使われ方が似たように見えますが全くの別物と考えてください。

 


スポンサーリンク



 

ビットコインとビットキャッシュの名前が似ていることで、若干の風評被害がでていますね。

 

 

 

風評被害のパターンとしては、

  • マウントゴックスの騒動にて、ビットコインを怪しいものだと思っている人が、ビットキャッシュも怪しんでいる。
  • ビットコイン対応のものとビットキャッシュ対応のものを間違ってしまう。

などです。

 

まとめ

ビットコイン自体もしっかり理解を持てば怪しいものではありません。(まだ発展途上なので色々理解が難しい部分は多いですが)

 

ビットキャッシュに関しては今や日本ですごい普及しているituneポイントやLINEポイントと同じような電子マネーなので、特に怪しがることもないかと思います。

 

以上、ビットコイン ビットキャッシュ 違いは?風評被害が多発?に関しての記事でした。

 

仮想通貨投資の基礎を学ぶには、仮想通貨の元祖であるビットコインを正確に理解することが大事ですね。

 

ビットコイン投資に関して知っておくべき情報をまとめましたので、仮想通貨投資の基礎を身につけたい人は御覧ください。
⇒ビットコイン投資をする上で必須の情報まとめ



参考になった!という記事があればシェアいただけると嬉しいです!(更新の励みになります)

 


スポンサーリンク




【仮想通貨投資のために読むべき記事一覧】

仮想通貨投資入門初心者ページリンク 仮想通貨最新ランキングページリンク ビットコイン投資完全解説ページリンクイーサリアムの購入方法や将来性ページリンク リップルコインの購入方法や将来性紹介リンクNEM(ネム)XEMの購入方法と将来性紹介リンク




Facebookでは仮想通貨だけでなくフィンテック(金融テクノロジー)の最新ニュースをお届けしていますのでフォローいただけると幸いです



 - ビットコイン