仮想通貨投資入門

仮想通貨投資は今もっとも熱いといわれている新しい投資手法です。本サイトでは、仮想通貨の仕組み、用語などを解説するとともに、仮想通貨投資のメリット、デメリット、投資する仮想通貨の選び方などを紹介する仮想通貨投資の入門サイトです。

*

ビットコイン ウォレットの種類 おすすめのウォレットは?

      2016/09/17

ビットコイン ウォレットの種類 おすすめのウォレットは?に関する記事です。

 

新時代の概念として注目されている
仮想通貨

 

仮想通貨

 

仮想通貨を保管する上で重要になってくるツールが

ウォレット

です。

 

ウォレットは色々な種類があって、初心者にはどれを選んで良いのかわかりづらいという声をよく聞きます。

 

今回は「ビットコイン」のウォレットに関して、ウォレットとは何かということ、ウォレットの種類、また、私が考えるおすすめのウォレットなど紹介していきます。

 

※ビットコインでのウォレットの種類を理解すると他の仮想通貨でもウォレットの選び方の基準がわかります。

 

ウォレットとは

ビットコインウォレット

ウォレットは日本語で財布という意味で、文字通り、ビットコインを入れておく財布です。

 

ビットコインが形を持たない電子的なデータですので、ウォレットでは、ビットコインの残高を記録する形で保有します。

 


スポンサーリンク



ビットコイン ウォレットの種類

以下、ビットコインウォレットの代表的な3つの種類に関して紹介します。

 

WEBウォレット

000293

インターネット上でウォレットサービスを提供しているサイトを利用する方法です。オンラインウォレットとも呼ばれます。

 

簡単に利用できて便利ですが、基本的にセキュリティ面はサイト管理者に一任されるため、信用できるサイトを選ぶ必要があります。

 

WEBウォレットのメリット

  • 口座開設・設定が簡単
  • どのコンピュータからもアクセスが可能

 

WEBウォレットのデメリット

  • セキュリティ面は利用しているウォレットサイトに依存する。
  • つねにインターネット上に存在するため、ハッキングによって盗難される可能性がある。
  • 一時的にサイトに接続できなくなることで利用できなくなる可能性がある。

 

デスクトップウォレット

デスクトップウォレット

自分のコンピュータ上にソフトウェアをインストールして使用するウォレットです。クライアントウォレット、ソフトウェアウォレットとも呼ばれます。

 

ローカル環境で管理できるウォレットなので、コールドストレージ(オフライン環境のPCに保管する方法)にでき、WEBウォレットよりも、外部と切り離してセキュリティを確保することが可能です。

 

自身の裁量でバックアップやセキュリティ設定を管理できるところがメリットでもありデメリットでもあります。

 

最近では、PCだけでなく、モバイル端末にインストールする「モバイルウォレット」も存在します。

 

デスクトップウォレットのメリット

  • 自身の裁量でセキュリティを確保できる。(オフライン環境に保管する等)

 

デスクトップウォレットのデメリット

  • 自PCが故障してビットコインが取り出せなくなったり、ウイルス感染やハッキングを受けて盗まれる恐れがある。(自身での管理の強化が必須)
  • ソフトウェアをインストールしたPCでしか利用できない。

 

ハードウェアウォレット

ペーパーウォレット

形あるものにビットコインを保管する方法です。

 

アドレスと秘密鍵を印刷することにより、紙ベースで保管するペーパーウォレットが最も主流です。

 

最近では、専用の端末に保管されたものも存在します。

 

ハードウェアウォレット

 

基本、オフラインで管理できるのでセキュリティ面が非常に優れています。その分、導入するまでに手間がかかります。

 

ハードウェアウォレットのメリット

  • インターネットと完全に隔離された環境で利用可能。
  • 物として存在するため、従来の紙幣などと同じような考え方で保管が可能。

 

ハードウェアウォレットのデメリット

  • 導入までに手間がかかる。

 


スポンサーリンク



ビットコインでのおすすめのウォレットは?

どのウォレットを利用するかは、利便性を重視するか、安全性を重視するかが選ぶ基準です。

 

私の場合は、短期的な売買に利用するビットコインはWEBウォレットに保管しています。

 

普段の売買には利用せず、長期的に保管しておくだけのビットコインはデスクトップウォレットを利用して、オフライン環境のPCに保管しています。

 

短期的な売買に利用するWEBウォレットには、blockchain.infoを使用しています。

 

blockchain.info

 

ビットコインのウォレットサービスとして、最も歴史が古く、最大手のサイトです。

 

日本語対応していますし、利用者が多いので利用方法もWEBで調べるとわかることが多いです。(そんなに難しい機能があるわけではないですが)

 

 

 

セキュリティ面でも、ワンタイムパスワードに対応していたり、パスワード紛失自の復旧手段があったりするので私としては十分だと考えています。(もっと堅牢なセキュリティをしているサイトはあるかと思いますが)

 

初心者が最初に利用するには一番楽かと思います。

 

長期保管に利用するデスクトップウォレットには、Electrumを使用しています。

 

electrum

 

デスクトップウォレットの場合、インストール後にすべてのブロックチェーンをダウンロードするためものすごい時間がかかるウォレットもあるのですが、Electrumは軽量型のクライアントウォレットで、簡単に導入できます。

 

オフライン環境で取引を行える「コールドストレージ」機能があり、ネットワークに接続しない環境での利用が簡単です。

 

バックアップに関してもseed(ウォレット種)という情報(IDみたいなもの)を保管しておくことで、別PCで簡単に復元できる仕組みがあるのでよいです。

 

原状は上記2つのウォレットを利用していますが、もっと長期的に大金を保有する場合にはハードウェアウォレットを利用することも検討しています。

 

正直、特に複数のPCでビットコインを利用するということは原状ほとんどないのでElectrum一択でもよいのですが、利用用途ごとに明確にウォレットを分けたいのと、複数のウォレットを利用したほうがリスク分散になるという考え方で上記を採用しています。

 

ビットコインのウォレットサービスも仮想通貨同様、日進月歩で色々な機能やサービスが出てきているので、

 

以上、ビットコイン ウォレットの種類 おすすめのウォレットは?に関しての記事でした。

 

仮想通貨投資の基礎を学ぶには、仮想通貨の元祖であるビットコインを正確に理解することが大事ですね。

 

ビットコイン投資に関して知っておくべき情報をまとめましたので、仮想通貨投資の基礎を身につけたい人は御覧ください。
⇒ビットコイン投資をする上で必須の情報まとめ



参考になった!という記事があればシェアいただけると嬉しいです!(更新の励みになります)

 


スポンサーリンク




【仮想通貨投資のために読むべき記事一覧】

仮想通貨投資入門初心者ページリンク 仮想通貨最新ランキングページリンク ビットコイン投資完全解説ページリンクイーサリアムの購入方法や将来性ページリンク リップルコインの購入方法や将来性紹介リンク




Facebookでは仮想通貨だけでなくフィンテック(金融テクノロジー)の最新ニュースをお届けしていますのでフォローいただけると幸いです



 - ビットコイン