仮想通貨投資入門

仮想通貨投資は今もっとも熱いといわれている新しい投資手法です。本サイトでは、仮想通貨の仕組み、用語などを解説するとともに、仮想通貨投資のメリット、デメリット、投資する仮想通貨の選び方などを紹介する仮想通貨投資の入門サイトです。

*

仮想通貨投資入門

仮想通貨投資入門初心者ページリンク 仮想通貨最新ランキングページリンク ビットコイン投資完全解説ページリンクイーサリアムの購入方法や将来性ページリンク リップルコインの購入方法や将来性紹介リンク NEM(ネム)XEMの購入方法と将来性紹介リンク

 


スポンサーリンク



 

仮想通貨 最初の手引き

今現在、新しい投資対象として注目されているのが仮想通貨です。

 

仮想通貨

 

ただ、仮想通貨に関しては

  • 仮想通貨ってそもそも何なの?
  • 仕組みがよくわからない
  • 買い方がわからない
  • 別の投資と比較して何が良いの?

と疑問を持つ方が非常に多いです。

 

なので本サイトでは、まず、仮想通貨とは何なのか?という部分を説明したうえで、仮想通貨の仕組みや、投資としてのメリット・デメリット、また仮想通貨の銘柄(種類)や購入方法といったことを簡単に案内していきます。

 

※注:いくつかの説明で、「ビットコイン投資 完全解説!」の記事と同様の記載がある旨ご了承ください。(概念を説明する上で同じ部分が多いので)

 

【補足1】

すでに仮想通貨のことを大体把握していて、「今人気の仮想通貨を知りたい!」という人は最新の仮想通貨ランキングのページをご参照ください。

⇒仮想通貨最新ランキング!人気の通貨はコレ!

 

【補足2】

マイナーな通貨を含め、「今どんな仮想通貨が世の中に存在しているのか知りたい!」という人は私が把握している仮想通貨の一覧をまとめたページをご参照ください。

⇒仮想通貨の種類(銘柄)一覧

 

 


スポンサーリンク



仮想通貨とは何なのか?

仮想通貨とは

仮想通貨とは、インターネット上に存在する電子的な通貨です。

 

通常のお金のように、紙幣や貨幣など物としての形が存在しないため、「仮想通貨」や「デジタル通貨」などと呼ばれたりもします。

 

「デジタル通貨」と言ってしまうと、日本で普及している楽天Edyやsuica、nanacoといった、「電子マネー」と同じ物だと連想するかと思いますが、電子マネーとは明確に違う性質を持っています。

 

仮想通貨が特徴的なのは以下の特性があることです。

  • 法定通貨と換金性がある。
  • 暗号化と分散化技術で、通貨の改ざんなどの不正や消失を防いでいる
  • 特定の国家や銀行に依存しない

昨今、無数の仮想通貨が出ている中では、上記に当てはまらないものもあります。

 

法定通貨と換金性がある

仮想通貨換金性

今までインターネットでやりとりされていた「電子マネー」などは、円やドルなどの法定通貨から、電子マネーに変えることはできましたが、電子マネー⇒法定通貨に変えることはできませんでした。

 

しかし、仮想通貨と呼ばれているものは、インターネット上に「取引所」が存在し、法定通貨とのやり取りが可能で、「仮想通貨⇒ドル、円などの法定通貨への換金」が可能です。

 

現状では、ビットコインやイーサリアムといった代表的な仮想通貨は、ドル/円の為替取引と同じように、取引所にてドルや円とのやり取りが行われています。

 

なので、為替取引である「FX」と同じような感じで売買を行うことができるため、「新たな投資対象」として注目されています。

 

暗号化と分散化技術で、改ざんや消失を防いでいる

仮想通貨暗号化

仮想通貨が画期的だったのは、ネット上で通貨として存在するための「システム」の部分です。

 

仮想通貨の発端となった「ビットコイン」では、

  • ブロックチェーン技術
  • P2P分散化技術
  • プルーフオブワークシステム

といった新たな技術によって、通貨としての安全性が保たれています。

 

また、現在では、上記の「ブロックチェーン」という技術が、お金に関する様々な新技術が生まれる可能性を秘めているということで注目されています。

 

特定の国家や銀行に依存しない

仮想通貨国家

通常の通貨である円やドルといったものは、国や銀行が発行して、国がその通貨の価値を保証してくれています。

 

例えば、円が日本で使用できるお金なのは、日本国や日本の銀行が換金できることを保証してくれているから成り立っています。

 

しかし、仮想通貨は特定の国家や銀行に依存せずに存在することが可能です。

 

「価値を保証してくれるところがなければお金として成り立たないじゃないか!」という意見がありますが、仮想通貨は上記であげたシステムを作り上げている技術への信頼性でお金としての価値が存在しています。

 

詳しくはビットコインについて説明した記事「ビットコインはなぜ価値があるのか」にて書いてます。

 

国家や銀行に依存しないという特徴があるので、極端に言ってしまうと

誰でも換金性がある通貨をつくりだせる

ということになります。

 

なので今、こぞっていろんな企業や団体が独自の仮想通貨というものを作成する時代となっています。

(そのため、詐欺みたいな通貨も出回りやすいのですが)

 

(補足)仮想通貨と暗号通貨の違いは?

仮想通貨は、「暗号通貨」という呼ばれ方をすることもあります。

 

仮想通貨も暗号通貨も意味は同じです。

 

海外では仮想通貨のことをcrypto-currency(暗号通貨)と呼ぶのが一般的で正式な名称としては「暗号通貨」のほうが正しいです。

 

ただ日本では、ビットコインのマウントゴックス取引所の破産騒動があった際、ニュースにて「仮想通貨」という名前で報道されたので、「仮想通貨」という名前が一般的になりました。

 

本サイトでも、一般的に認識されている「仮想通貨」という名称にて説明していきます。

 

▲目次に戻る

仮想通貨の発端

仮想通貨発端

仮想通貨の発端となったのは、「ビットコイン」という仮想通貨が登場したことがキッカケです。

 

2008年10月31日に「Satoshi Nakamoto」という人物がビットコインの元となる「Bitcoin:A Peer-to Peer Electronic Cash System(電子通貨ビットコインシステム)」という論文をWEB上で公開しました。

 

この論文は多くのコンピューターマニアに支持され、論文を基に、開発、普及が進んでいきました。

 

そして、世界初の仮想通貨「ビットコイン」が誕生しました。

 

2009年1月にビットコインは配布され、同年10月に「1bit=0.00076ドル」という値段が付きました。

 

そして、その後、ビットコインという貨幣は徐々に支持されるようになり、通貨としての価値を高めていきました。

 

そして、2016年現在の今では、「1bit=600ドル」以上の価値をつけており、誕生当初の10万倍以上の価値がついています。

 

このような、爆発的な価値上昇によって、世界では「ビットコイン長者」とよばれるお金持ちが誕生しました。

 

そのため、現状では新たな仮想通貨が「第2のビットコイン」として、爆発的な価値上昇を期待されています。

 

▲目次に戻る

仮想通貨投資のメリット

メリット

以下、仮想通貨に投資するメリットをあげていきます。

  • 新しい投資対象であり、爆発的に価値が上昇する可能性がある
  • 発行上限が決まっており、出回るほど希少性が増す(という通貨が多い)
  • ボラリティ(値動き)が高い通貨が多い

以下、各メリットの説明です。

 

新しい投資対象であり、爆発的に価値が上昇する可能性がある

仮想通貨投資の一番の魅力は、値段上昇の可能性をすごく秘めているということですね。

 

先に挙げたように、ビットコインでは数年で何10万倍もの値上がりが発生しましたし、次に有名なイーサリアムという仮想通貨でも50倍以上の値上がりを達成しています。

 

その他の仮想通貨に関しても、一時的な値上がりに関しては、公開直後の値段から何十倍という値上がりを達成した通貨がたくさん誕生しているので、他の投資対象にくらべて、爆発的な価値の上昇が期待できます。

 

発行上限が決まっており、出回るほど希少性が増す

大抵の仮想通貨は初めから発行上限が決まっており、出回る通貨の量が決まっています。(決まっていない通貨もありますが)

 

なので、通常の法定通貨のように途中で通貨が大量発行されてインフレが発生し、通貨の希少性が下がるということがありません。

 

なので、その通貨が普及して、世に出回れば出回るほど希少性が高くなり、通貨の価値が上がる可能性が高まります。

 

この点を根拠に、まだ普及が進んでいない今のうちに保有しておけば儲かる!と考える人は多いです。

 

ボラリティ(値動き)が高い通貨が多い

仮想通貨は非常に値動きが激しいです。一番流通量が多く安定しているビットコインでも1日1000円以上の値動きする日がザラにあります。

 

また、他の仮想通貨などは、1コインの値段が小さい分、より激しい値動きになります。(1コイン=0.1円のものが0.2円になると、それだけで価値としては倍になるので)

 

この値動きの激しさは、短期トレードをするには良い環境です。

 

▲目次に戻る

仮想通貨投資のデメリット

デメリット

以下、仮想通貨に投資するデメリットをあげていきます。

  • 誰でも発行できるため、詐欺通貨が横行している
  • 未成熟な技術のため、管理方法がわかりづらい
  • 取引所が整備されておらず、すぐ潰れてしまう危ない取引所が存在する
  • 現状、法律や税制面が不透明

以下、各デメリットの説明です。

 

誰でも発行できるため詐欺通貨が横行している

仮想通貨に関しては、独自通貨を発行するだけなら個人でも可能です。(簡単に作れるサービスもあるので)

 

なので、通貨としての目的も、普及させる気もまったくない「○○コイン」みたいなものを発行して、新しい仮想通貨なので、投資したら儲かりますよーといった詐欺が発生しています。

 

また、最近では、仮想通貨という名前だけで、ブロックチェーンなどの技術と何も関係がない、ただ一部のコミュニティ内で使われるような通貨も出回っています。

 

未成熟な技術のため、管理方法がわかりにくい

仮想通貨は電子的な通貨なので実体がなく、管理はコンピュータ上で行う必要があります。

 

仮想通貨を保管するための場所として、ウォレット(財布)というものが存在し、そのウォレット上で通貨を管理します。

 

ただ、このウォレットでの管理というものがわかりづらい通貨が多いですし、モノによっては公式のウォレットが提供されてないものなんかもあったりします。

 

最近では、取引所がウォレット機能も一緒に提供してくれるパターンが多いですが、その場合は取引所が潰れた場合に通貨が消失してしまう可能性があります。

 

自身の通貨をきちんと保管するには、ある程度知識が必要になります。

 

取引所が整備されておらず、すぐ潰れてしまう危ない取引所が存在する

通常、株や為替などの取引所に関しては、国が決めた一定基準以上の条件を満たした会社でないと取引所を運営することはできません。

 

しかし、現在の仮想通貨の取引所に関してはそのような基準はなく、運営する能力さえあれば、取引所を開設することが可能です。

 

そのため、ほんのちょっとしたことで潰れてしまうような危ない取引所も存在しています。

 

また現在は、取引所が潰れてもユーザーが保有していた通貨を保証する法律もないので、取引所が潰れて通貨が消失してしまうというケースもあります。(日本最大のビットコイン消失事件となったマウントゴックスの事件はこのケース)

 

現状、法律や税制面が不透明

仮想通貨はまだ新しい概念のため、法整備が追いついていません。

 

今のところ仮想通貨で儲けたお金に対して、税金がどうかかるのかといった部分は不透明です。

 

(補足)

2016年現在、日本では、仮想通貨に関する法律を作成中です。

 

2017年には法律が制定され、現状よりも法整備が強化されるかと思います。

(情報分かり次第、本サイトでも追記していきます)

 

▲目次に戻る

仮想通貨の種類について

仮想通貨種類

ビットコインという通貨から始まった仮想通貨ですが、現在では、数百種類もの通貨が存在しています。

 

何百とある通貨の中から投資対象を選ぶことが可能です。(一般的にやりとりできない通貨も存在しますが)

 

以下、私の把握している仮想通貨について一覧化しています。

⇒仮想通貨の種類(銘柄)一覧

 

今普及が進んでいる人気の仮想通貨を知りたい場合は「仮想通貨ランキング」のページをご参照ください。

⇒仮想通貨最新ランキング!人気の通貨はコレ!

 

(補足)

初期の頃はビットコインが仮想通貨の代表格で、その他の仮想通貨のことを

アルトコイン

と一括りに呼ぶことが多かったです。(今でも使われますが)

 

また、最近では

仮想通貨1.0

仮想通貨2.0

という種類分けをされることもあります。

 

仮想通貨1.0とは

仮想通貨1.0というのは初期の仮想通貨で、

単純に通貨機能のみを有している

タイプの仮想通貨のことを指します。

 

ビットコインやライトコイン、ドージコインやモナーコインなど、利用用途の違いや性能の違いはあるにせよ、通貨としての機能だけを持ち合わせている通貨です。

 

仮想通貨2.0とは

仮想通貨2.0というのは最近の仮想通貨に多い

通貨機能以外の付加価値がある通貨

のことを指します。

 

有名どころでは、イーサリアムという通貨ですと、通貨としての機能に加えて、

通貨のやりとり上に契約を盛り込める

ということで注目を集めています。

 

もう少し詳しい説明は別記事にて書いてます。

⇒ビットコインとイーサリアムの違いとは?

 

また、イーサリアムは実際には通貨の名前ではなく、「イーサリアムプロジェクト」という計画の中で、あるプラットフォームを作るプロジェクトの総称です。

 

そのプラットフォーム内で使用される通貨が「ETH」という仮想通貨のため、一般的にイーサリアムという名前で仮想通貨を指すことが多いです。

 

このように、何かのプラットフォーム上で使われる特定の通貨というものが仮想通貨2.0の通貨には多いのも特徴です。

 

▲目次に戻る

仮想通貨の購入方法

仮想通貨購入

仮想通貨を手に入る方法としては、人からもらったり、マイニング(採掘)という方法を使用したりすることもありますが、基本は

取引所で購入する

という方法になります。

 

※マイニング(採掘)に関しては、「ビットコイン投資 完全解説!」の記事にて説明しています。

 

自分が投資したいと思う仮想通貨を取り扱っている取引所の口座を開設して、取引所にて通貨を購入します。

 

どの取引所がどの仮想通貨を取り扱っているかという情報については本サイトでも随時紹介していきます。

 

以下、仮想通貨の種類一覧の記事にて、いま存在する仮想通貨と取り扱っている取引所を案内していっています。

⇒仮想通貨の種類一覧

 

(補足)プレセールで未公開仮想通貨を購入する

仮想通貨プレセール

仮想通貨の購入で特殊な方法として、まだ取引所などでやりとりされていない未公開の仮想通貨をクラウドファンディングなどで、プレセールという形で購入することが可能な通貨があったりします。

 

(仮想通貨の開発者が開発費を捻出するために行うもので、株のIPO(Initial Public Offering:新規公開株)にモジッてICO(Initial Coin Offering)と呼ばれています。)

 

未公開の仮想通貨の購入は、これから値上がりするかもしれない通貨を「一番安い値段」で購入出来る方法として、非常に注目が集まっています。

 

未公開の仮想通貨の購入は、プレセール期間が決まっていますし、日本では情報が少なかったりするので、逐一情報をチェックする必要があります。

 

未公開の仮想通貨情報をしる方法は別ページで紹介しています。

⇒未公開の仮想通貨情報を知る方法

 

本サイトでも、私が知っているプレセール情報はなるべき記載するように努めていきます。

 

▲目次に戻る

仮想通貨の投資手法(スタイル)

長期保有で稼ぐ

仮想通貨長期保有

仮想通貨投資の醍醐味は、将来爆発的に価格が上昇するという可能性があることです。

 

なので、出来たての仮想通貨を購入し、何年か後に何十倍に値段が上昇するのを待つという楽しみがあります。

 

また、この手法は単純に仮想通貨を保有してじっと待つだけなので、忙しいサラリーマンや主婦の方でも簡単に投資ができるので人気があります。

 

短期トレードで稼ぐ

仮想通貨短期トレード

短期トレードは、短期的な値上がりや値下がりに合わせて、売買をするスタイルです。

 

仮想通貨は他の投資対象にくらべて値動き(ボラリティ)が非常に高い通貨が多いので、短期トレードが得意な投資家に好まれています。

 

▲目次に戻る

仮想通貨投資初心者がやるべきこと

仮想通貨やるべきこと

仮想通貨投資を始めるにあたって、まずやるべきことは

仮想通貨の原点であるビットコイン

を理解することです。

 

ビットコインを理解することで、仮想通貨の投資の方法がしっかり理解できます。

 

また、基本的な仮想通貨の性質は「ビットコイン」が基になっているので、新しい仮想通貨への投資を検討する時、「ビットコインと比較して何が特徴的なのか」と考えると、その通貨の特性を把握しやすくなります。

 

本サイトでは、ビットコイン投資に関して徹底解説した記事をのせているので参考にしてみてください。

⇒ビットコイン投資 徹底解説!

 

以上、「仮想通貨投資を行う上での最初の手引き」の記事でした。

 


スポンサーリンク




【仮想通貨投資のために読むべき記事一覧】

仮想通貨投資入門初心者ページリンク 仮想通貨最新ランキングページリンク ビットコイン投資完全解説ページリンクイーサリアムの購入方法や将来性ページリンク リップルコインの購入方法や将来性紹介リンクNEM(ネム)XEMの購入方法と将来性紹介リンク




Facebookでは仮想通貨だけでなくフィンテック(金融テクノロジー)の最新ニュースをお届けしていますのでフォローいただけると幸いです



公開日:
最終更新日:2017/05/17